営業転職のミカタ

某大手転職エージェント(コンサルタント)→求人広告の営業マンが転職の極意を教えます。

パーソルキャリアとは?あのインテリジェンスが社名変更!?

f:id:mikataoftenshoku:20170705120154j:plain

こんにちは、転職のミカタライターの佐藤です。
本日は、『パーソルキャリア』についてお話します。7月1日より、皆さんお馴染みの「インテリジェンス」が「パーソルキャリア株式会社」へ社名変更しました。全く聞き覚えのないという方も多いかもしれませんが、都内や都市部ではガンガン広告を打っていたので、電車の車内広告やWEB広告などでご覧になった方もいらっしゃると思います。なぜインテリジェンスほどの知名度ある企業が急に?という謎を簡単にご説明いたします。

社名変更の概要

まず旧インテリジェンスについて簡単に説明します。
ご存知だと思いますが、「DODA」や「an」「LINEバイト」を運営する総合人材サービス企業です。実は、2013年から派遣のテンプスタッフで有名な「テンプホールディングス(持株会社)」の傘下に入っており、子会社として経営していました。昨年の夏にテンプホールディングスが「パーソル」という新ブランドを発表していましたが、今回傘下の「テンプスタッフ」「インテリジェンス」「インテリジェンスビジネスソリューションズ」の3社を一斉にパーソルの名前を含んだ社名に変更しました。

パーソルとは

以下、パーソルグループHPから引用です。

PERSOL(パーソル)とは“人”の成長を通じて(PERSON)社会の課題を”解決”する(SOLUTION)という意味の造語です。人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。だからこそ、働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いを込めました。 

PERSOLについて | PERSOL(パーソル)グループ

旧テンプがなぜ急にこんなブランドを作ったかというと、HPには書いていないですが、「テンプ=派遣」というイメージが強く、社員領域やアルバイト領域のサービスも(インテリジェンスが)行う総合人材企業としてのブランドイメージを打ち出すためだと聞いています。

ブランド立ち上げから1年経ち、
テンプスタッフ→パーソルテンプスタッフ株式会社(派遣領域)
インテリジェンス→パーソルキャリア株式会社(社員領域・アルバイト領域)

へと変更したという流れです。

持株会社のテンプホールディングスもパーソルホールディングスへ変更しています。

www.persol-group.co.jp

結局何が変わるの?

f:id:mikataoftenshoku:20170705160137p:plain

PERSOLについて | PERSOL(パーソル)グループ

特に何も変わらないと思います(笑)
じゃあなんで説明したんだという質問は無しでお願いいたします。

元々、2013年から旧インテリジェンスは旧テンプホールディングス傘下でやっていましたし、特別変わることはないと思います。

ただし、求職者目線でお話すると、今後「DODA」に注目してほしいと思います!
やはり、社名変更のこのタイミングや、ブランドを定着させる時期ということもあり、積極的なマーケティング戦略が期待されます。ということは、企業側も注目度の高い「DODA」へ広告掲載するという流れができると予想されます。求職者の方は良い求人に巡り会えるチャンスかもしれませんね!

これまで通り、エージェントサービスも行っていますので、良ければ登録してみてください!